ヴィンセント・ドノフリオから返事貰ったw

というわけで
twitterでドノフリオに
「日本にもファンがたくさんいるので映画のプロモーション等で日本に来てくれる予定ありますか?」
と聞いたら
「日本はずっと行ってみたい場所のひとつなので、いつか」
と返事くれたよ

ドノフリオのtwitterをけっこう長く観察していた感じによるとw
ファンのわたしみたいな質問はもちろん”今日は落ち込んでるのでハグして”とか”今日手術だから良い気を送って”とか”わたしの友達が今日誕生日だからキスを送ってあげて”っていうお願い系も優しくレスくれて
あとファンではなさそうな明らかに煽りなtweetにも、ちょうどドノフリオがtwitterやってる時間だとマメにレス返してるので
タイミングさえあえばお返事くれる感じな気がします。

そしてそのドノフリオがレス返してる時間帯わたくしめの観察によるとw日本時間の早朝4時代~が多いのでその辺に質問してみれば返事かえってくる確率は高そうな感じがするので質問のある方はそこを狙うと良いかもです!

で結局ゴーレンはどうなったのか(LAW & ORDER 犯罪心理捜査班)

さてLAW & ORDER クリミナルインテント、現在シーズン2放映中ですが最終シーズンは10となります。
最初のころはまだゴーレンの生い立ちやバックボーンにどんなものがあるかというのは、仄めかされはするもののはっきり説明はされないんですけど、10ともなるとそれらが明らかになってます。
そのいろいろを見た上で最終シーズンのラストエピ、ラストシーンはとても良いものでした。

ネタバレになるので詳しく書かないけどラストはこんな感じ。

銀行強盗事件が発生したとエイムズがゴーレンに告げる

WS000180
ゴーレンはいつものように車に乗り込み
WS000181
いつものようにエイムズを隣に事件現場に向かう

WS000182
(二人の絆がよくわかるそして希望のようなものも見えるとてもいいシーンだったなー)

さてこっからが本題です。
シーズン終わってからのその後のゴーレンはどうなったのでしょうか
LAW & ORDER 性犯罪特捜班、エイムズが二回ほどゲストで出るんですけど、そこで語られます。
ネタバレいやな人は見ないでね。





seaon14 epi4 大義と犠牲(Acceptable Loss)
エイムズは重大犯罪班から国土安全保障省に移動してます

交通事故にあった車の後部座席から救出された少女の首もとにはバーコードのようなタトゥーがあった。捜査を進めていくと、この少女は売春業者に利用されているのではとの疑いが深まり、業者摘発に向けて動くSVU。だが、そんな彼らの前に現れたのは、国土安全保障省のエイムズ警部(Law & Order: クリミナル・インテントより、ゲスト出演)だった。あるテロリストを追うエイムズ警部は、SVUにこの摘発を中止するよう告げる。(FOXより)
ってストーリーなんですけど、エイムズが摘発中止するように言ったことからSVUとの間にピリピリした空気が流れます。そんなときのオリビアとエイムズの会話。

WS000183
「何年重大犯罪班に?」

WS000177

「11年。でもパートナーが去って」

WS000184

「今が”変わる時”だと思ったの」
と国土安全保障省に変わった理由を 述べるエイムズ。

この会話でわかるようにゴーレンはNYPDを去ったみたいですね。(FOXCRIMEチャンネルの訳では辞めたって言葉使ってたと思う)やめたんだね、警察。
シーズン10で希望みたいなのも見えてたのにショック。

で、なんだかんだで協力しあうことになるエイムズとSVU。

WS000168
ゴーレンのように体を傾けて犯人を尋問するエイムズ。

 

WS000170
事件が解決し、オリビアとエイムズはバーに。
エイムズの尋問のことを「こうやって体を傾けるのね」と楽しそうに笑うオリビア

WS000172
「そう、彼のやり方だったの、ずっと目をみてね」

WS000173
「ずっと一緒だった」

WS000175
「まるで夫婦みたいだった」

WS000176
「でもそうじゃなくなった・・・」(オリビア)
きっとオリビアは自分とエリオットのことと重ねながら言ったんだろうなあ・・・。

ゴーレン警察辞めて精神病んで入院てな感じじゃなく誰かちょっとヌケてるけど陽気な若者でも拾ってて気楽に探偵でもやってるといいな~。

LAW & ORDER 犯罪心理捜査班 シーズン4ゲスト

さてスーパー!ドラマTVでシーズン2絶賛放映中の『LAW&ORDER:クリミナル・インテント』ですが、シーズン4、突然ゲストが豪華に。
シーズン3までの成功で予算がたくさん出たのかしらん。

Epi1
強迫観念(Semi-Detached )

なんとティタム・オニールの登場です。
WS000116

WS000117
どういう役かというと重要な役のような、そうでないようなw
頼まれたからちょい出てみましょう的な?

Epi3
孤独な男の欲望(Want)

ニール・パトリック・ハリス!
WS000110

WS000140
見せどころたくさんのよい役!
熱演!
芝居うまい!

Epi7
母親失格の代償(Magnificat)

「デクスター」のマスカことC.S. Lee
WS000133
このepiではDetective Mike Lew 役

WS000165
同シーズンのepi23ではまた違う役Detective Matt See で登場
そんでもってseason5でもまた違うDetective Choi 役で登場します。
チョイ役

Epi9
幻の銀食器(Inert Dwarf)

「ウォーキングデッド」のミショーン
WS000136
チョイ役よりもちょっとだけいい役
本家LAW & ORDERのほうにも出ています

Epi10
殺人マンション(View from Up Here)

The主人公の親友、アダム・ゴールドバーグ
WS000084

WS000089
このクラスが出てくるともう絶対、最初はなんとなく登場してても後々なんかあるとわかってしまうのがドラマつくる上での難点ですねw。
そう、なんかある、役でした。

Epi13
スタンフォード刑務所実験(Stress Position)

ここで本家クリス・ノース、クリミナルインテントのほうに初登場です。
友人女性を助けるためにゴーレンたちと事件の真相を探ります。

WS000100

WS000105
ドノフリオがこの頃、撮影中に過労で何度か倒れたりしたので、次のシーズン5はドノフリオと交代で出演することに。

Epi14
セックスとスキャンダル(Sex Club)
WS000154

ピーター・ボグダノヴィッチ、George Merritt というヒュー・ヘフナーを模した役、HOTな女の子たちをはべらしてます。
season6 epi20に同じGeorge Merritt役で再び登場

WS000156
「ソプラノズ」のFBI捜査官ドワイト・ハリス
今回は議員役

WS000161
ロザンナ・アークエット!
WS000155
もちろん重要な役
SVUのほうにも出てましたよね。

Epi15
究極のメニューの罠(Death Roe)

クリス・ペン
WS000122

WS000123
物語の中心になる役
元気そうでしんみりするなあ。『キス★キス★バン★バン』よかった・・・。
デブ界の大損失ですよ。

Epi22
名誉と欲望の果て(My Good Name)

マイケル・リスポリ
WS000142

WS000145
メインの役
彼もsvuのほうにも出てたし、本家のほうにも違う役で2話出てます。
「ソプラノズ」ではジャッキー・アプリールだし。
イタリア系のデブ界のバイプレイヤー。

やっぱり毎日一話ずつ放送だと進むの早いですね。
この調子でいくと今年中に最後までいけるのかな。