役のために太ったり痩せたり

最近昔に比べると役のために肉体改造する俳優が増えたような?それも太るとか痩せるとかどちらか一方でなく両方で、そしていけるところまで。
というわけで肉体改造する俳優について調べてみました。
数字はImdb掲載のものを1pound、453gで換算してます
あと体重だけでなく身長もプラスマイナスの値に影響すると思うので参考までに載せときます。そしてその役でのアカデミー・ゴールデングローブ受賞歴なども。

クリスチャン・ベール(183cm)
まずは最近の肉体改造する俳優といえばこの人を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか

w3w5

「アメリカンハッスル」 18キロ増量
「マシニスト」 28.5キロ減量(78.3→49.8)
これは役柄のための減量の最高記録
(クリスチャン・ベールは45キロまで落としたいと主張したがドクターストップがかかった。)

で、再びマシニスト終了後54・3だった体重を「バットマン・ビギンズ」のため半年でおよそ99キロまで増量、しかしそれではバットマンにしては太目に見えたためすぐに9キロ減らして撮影に挑んだ、ですと。はー。すごいね

ちなみにバットマン、コミックで公式にしてる身長と体重はおおそよ182cm 95キロ、クリスチャン・ベール、身長ほぼ同じなので実際95くらいにしてみたら太く見えたからまた減らしてって感じなのかな。

「アメリカン・ハッスル」の演技でアカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ主演男優賞ノミネート

ジャレッド・レト(175cm)
w6w7

「チャプター27」 28キロ増量
「ダラスバイヤーズクラブ」 13.5キロ減量
ダラスバイヤーズクラブの演技でアカデミー助演男優賞ゴールデングローブ助演男優賞受賞

太ってる姿も痩せてる姿も驚きのかわりよう。
肉付きで顔ってずいぶん変わるんですね。

なので左の写真みたいな顔タイプのぽっちゃりしてる方!痩せるとジャレッド・レトみたいになる可能性大ですよ!どうですか、ひとつトライしてみては。
jared-leto
(平常運転のジャレッド・レト)

マット・デイモン(178cm)
w11w12

「インフォーマント!」 13.5キロ増量
「戦火の勇気」 18キロ減量
クリスチャン・ベールやジャレッド・レトみたいに派手には見えないけどすごいですよね

マシュー・マコノヒー(183cm)
w1w2

今撮影されてる映画「The Gold」で太った姿で登場。どれくらい増やしてるのかはまだ公表されてなかったです。公開後にIMDBあたりにトリビアとして載るのかな。

「ダラス・バイヤーズ・クラブ」 21キロ減量
ダラス・バイヤーズ・クラブの演技でアカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ主演男優賞受賞

日本人も頑張ってます
鈴木亮平(186cm)一番背高い

w8w10

「俺物語」30キロ増量
「天皇の料理番」20キロ減量
なんか公表されてる数字おおざっぱですけどw
でもすごいなあ。

▽▽▽

そしてなんつってもデニーロアプローチって言葉を生み出した役作りの鬼、元祖の元祖ロバート・デニーロ(177cm)。

w33w34
「レイジング・ブル」」27キロ増量
「レイジング・ブル」の演技でアカデミー主演男優賞 ゴールデングローブ主演男優賞受賞
これはしばらくは役作りのために増量した体重の最高記録だったんですけど、

「フルメタルジャケット」のために増量したヴィンセント・ドノフリオ(192cm)によって破られます
donow36
31.7キロこれは現在の役作りのための増量の最高記録
しかしこの増量でドノフリオは撮影中に膝を痛め手術を受けることに。

おっとこの人を忘れてました。
この人は増量でなくて逆ですが

w33w34

トム・ハンクス(183cm)
「フィラディルフィア」 11.7キロ減量
もちろん演技派のこの方はこの映画の演技でアカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ主演男優賞受賞してます

◇◇◇◇

おまけ
こっちは女優で増量した人
減量と両方やった人は思いだせなかった。誰かいたかな??

シャーリーズ・セロン(177cm)
w17w16
「モンスター」  15.9キロ増
「モンスター」の演技でアカデミー主演女優賞 ゴールデングローブ主演女優賞受賞

レニー・ゼルヴィガー(160cm)
w14w15

「ブリジット・ジョーンズの日記」 11.3キロ増
「ブリジット・ジョーンズの日記」でアカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ主演女優賞にノミネートされるが惜しくも受賞ならず

 

というわけで俳優の皆さまのこのような努力が映画をよりリアルで説得力のある一層素晴らしいものにしてるのですね(しみじみ)。
そして過酷なダイエット&増量は体にやっぱり負担がかかってると思うので健康にはくれぐれも注意して素敵な演技を長い間みせてほしいです。

注)出てくる数字はすべてImdbの記事を元にしています

わたしの6年を返してw

ちょっと前のレイフ・ファインズの記事、読んで下さるとわかると思うんですけど、わたし俳優の下半身事情をチェックするのを嗜みとしておりますの。
「バードマン」見に行ったときエドワード・ノートンの着替えのシーンあったじゃないですかコレ↓

birdman
このシーン見ながら、これは家に帰ったら絶対DVD注文や(もちろんimportですw)そんでコマ送りの刑や!と鼻息も荒く劇場を出たわけですが。
家帰ってからネットでこのシーンはわたくしの見たい部分が画面に映らないように計算しつくされて撮られた場面ということを知ってがっかーり。
まあでもエドワードノートンは「アメリカンヒストリーX」でもうチェック済なのでいいんですけどね♡

edon

ってそんな前ふりをしまして、ビリー・クラダップですよ。
2009年「ウォッチメン」劇場でこの姿見た時はそっとハンカチで涙をぬぐいましたね。
watchman1
「ブラボー」
映画の内容そっちのけでビリー・クラダップに拍手を送りたくなりました。
そしてわたしの脳内下半身コレクションの中にビリー・クラダップの姿もしっかりと刻まれたわけですよ。

ところがどうですか、今年2015年わたしある画像を見て愕然ですよ。
「ウォッチメン」撮影風景。
これですよこれ↓

watchman2
全然全裸と違うしーーー。
つうか上半身すら脱いでないしーーー。
てか頭だけビリー・クラダップで体はこの人と合成して作ってあるんやってね。
知らんかった(たぶんわたしだけ)。
全身青く光らせるってことにだけCG使ってるんかと思ってた。

ずっとソレがソレと信じてたわたしの6年を返して~~。って(ちょっと調べてたら済んでたことかw)

しかし持ち主誰なんですかね?CGなので手描き?なわけないかwフツーに考えるとモデルの人か。

ところで
ビリー・クラダップこれからどんな映画に出るのかなと調べたら『Spotlight』っていうピューリッツア賞採ったボストン・グローブ誌の記事が原作のマーク・ラファロ、マイケル・キートン、スタンリー・トゥッチなんかと共演のカソリック教会のセックススキャンダルの話ちょっと骨太そうで面白そう。

ruffaro
「spotlight」撮影中のマーク・ラファロ

ボストン・グローブ紙の記者と編集者たちにより暴かれた、小児愛者である神父たちによる、数年にわたる児童性的虐待の事実と、カトリック教会による隠蔽(いんぺい)が描かれる。『スポットライト(原題)』というタイトルは、調査記者たちがスポットライト・チームと呼ばれたことに由来する。(シネマトゥデイより)

てな話らしい。

芝居/静と動

突然ですが

ralph3
レイフ・ファインズ素敵ですわよね。

raiph2
なんというか端正っていうんですかね。
ralph
最近はお年を召しましたがそれでも素敵ですわよね。

それに加えてお芝居もとってもうまくて1995年には『ハムレット』でトニー賞を受賞していてこれはハムレットという数多くの役者が演じている芝居で受賞した唯一の俳優ですのよ。
きっと体の隅々まで髪の毛一本の先までも神経を使って全身全霊でお芝居をしているんでしょうね。

そんな中わたしのお気に入りのシーンを紹介したいと思います。
1999年『太陽の雫』より

こちらです!

ralph6

じゃじゃーん。

 

 

ralph9
すばらしい演技力

沈黙の中にもすべてを語るこの佇まい。
細部に神は宿るとはきっとこのこと!(ちがうしw)
流石イングリッシュ・ペイシェントでアカデミー主演男優賞にノミネートされただけあります。

ralph5

後姿の演技も(って裏側のことですがw)泣かせます。

すみませんすみませんすみませんw真面目な映画ですみませんw

ちなみに『レッド・ドラゴン』(2002)の時は
r5

r7f5
右に左に、目にも留まらぬアクション派(まだ言うかw)

007
「007/Spectre」楽しみです。