エルデン・ヘンソン

elden

(NYコミコンでのデアデビルキャストの皆様。右から二番目がエルデン・ヘンソン) 昨日デアデビルのキャスト表見てたら、エルデン・ヘンソン出てて、もう38歳ってことにびっくり。
elden2

「マイフレンド・メモリー」の時はこんなだったのに。 でも彼はけっこうコンスタントに「アイドルハンズ」やら「バタフライエフェクト」やらに出ててドラマも「SVU」とか「ER」「プライベートプラクティス」」などでちょこちょこ顔みてたので、ずっとやってるんだなあと、そして、年頃になっても変にシェイプせず体型保っててイイわーとは思ってたんですが、もう38とはびっくりよ。 ちなみにエルデン・ヘンソンは今度のデアデビルでは主人公デアデビル(マット・マードック)の親友のフォギー・ネルソンをやります。
foggy

(コミックでのFranklin “Foggy” Nelson ) ちなみに映画版ではジョン・ファブローが演ってました。
jon

しかし、ジョン・ファブロー、ちょっと目を離したすきにどんどん太ってるので、見るたびに驚くわー。 最近はこんな↓感じになっとりました。(「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」楽しみね)
Favreau
(圧)

favreau2
(前はこんなだったのに)

「マイフレンド・メモリー」でエルデン・ヘンソンに肩車されてるキーラン・カルキンくんはここ最近では「ファーゴ」のドラマ版のseason2に出る模様。
Movie 43

大人になったねえ。 というわけで本日は太ましい話題でお送りしました。

ヴィンセント・ドノフリオ

Vincent
ヴィンセント・ドノフリオが↑こんなことになってるのでどうしたことかと思ったら、4月から始まるドラマ版「デアデビル」のウィルソン・フィクス(キングピン)を演るせいらしい。
kingp
↑ウィルソン・フィクスはこんな感じちなみにベン・アフレックの映画版(2003年)ではマイケル・クラーク・ダンカンが演ってた役。

vincent2kingpin

なんだかいろいろ調べてるとこの役はかつてファンの人たちの間ではガンドルフィーニ良いよねってな感じになってたらしい(涙)。
マイケル・クラーク・ダンカンのこともあるし、ドノフリオ、是非是非、体に気を付けて欲しいです。

「デアデビル」のこのドラマ、原題は「Marvel’s Daredevil」でtrailerはここ。どこで放映するのかというと動画配信会社のNetflixだって。日本では今年の秋に配信開始らしいけど、おばちゃんアナログ人間でなんのこっちゃよくわからないんで、もう日本ではAXNあたりで放送して欲しいです。無理か。

で、話は少し変わりまして。ドノフリオはなんていうか鼻の形がなんとも良いんですよねー。ちょっと短くてほんの少しだけだけ上向いてるとこがイイ!

なんだか最近、マーク・ラファロがふっくらして(フォックスキャッチャーの役作りのせい??)同じイタリア系ということもありかドノフリオに一段と似てきたような気がするんですけど。
vincent-donofrioMark-Ruffalo
もともと顔立ちが似てるよね。分類すると、哺乳目→ネコ目→熊科(ドノフリオ)、アライグマ科(ラファロ)の違い的な。(なんのこっちゃ)

と思ってググったら似てるって同じ意見の人たくさんおられました。やっぱし。

ゲイリー・マーシャルみてます

イーストウッドもう85なのかすごいなあ、あんな映画撮れるなんて、と「アメリカンスナイパー」観た後思ってたらそこから何故だか作風的に対極にいそうなゲイリー・マーシャルを思い出し(謎)、そうかゲイリー・マーシャルも、もう80か、と思ったら無性にゲイリー・マーシャル作品が再び見たくなったので古い順に見ている今日このごろ。

とりあえず見たのをメモってみよう。

yougdoc
デビュー映画は『病院狂時代』(1982)
マイケル・マッキーンが若いですねー(35歳)。
MSDYODO FE010
お、この写真の中にはゲイリー・マーシャル(赤いスタジャン)もいて若いっすね。

で、ゲイリー・マーシャルと言えば、ヘクター・エリゾンドですよ。もちろん第一作目から出ています。
DSC00154
え?どれかって?右側の金髪の女の人です。
マフィアのボスである父親が病院に入院するにあたって敵対組織に狙われないように、変装wして病院におります。

最後のほう、ちょろっと、デミ・ムーアが新人研修医役で出てきたのでこれがデビュー作かと思ったら、この映画の前年1981年に『恋人たちの選択』つう映画ですでにデビュー済みでした。
 DSC00158
(新人研修医)20歳

デビューといえばゲイリー・マーシャル二作目
framingo
『フラミンゴキッド』(1984)でマリサ・トメイがデビューしてました。

DSC00172
ほんとのチョイ役。(20歳)

マット・ディロンがすったもんだの末に「父さんオレ、大学行くよ」という話でした。

わたしたちの年代で男前といえばマット・ディロンなのです。はい。
そして美人といえばエリザベス・テイラー、美男といえばアラン・ドロン、なのです。
そして日曜の夜は日曜洋画劇場を見てダーバンなのです。え、違う?

で、ヘクター・エリゾンド
DSC00160
マット・ディロンの父親で配管工です。子供思いの良いお父さんなのでした。

ゲイリー・マーシャルの映画は全部で17くらい?ある感じなのでぼちぼち見たいと思います。個人的には『潮風のいたずら』と『フォーエバー・フレンズ』が好きっす。